夜勤のレストランで働き感じたメリット・デメリット。女子はよく考えてから決めよう!

こんにちは!

今回は、私が学生の頃にファミレスで深夜のバイトをしたときの話をしたいと思います。

そのときに感じたメリット・デメリットや女子が深夜のレストランで働くことについていろいろ思ったことがあったんですよね。

体験してわかった深夜のファミレスで働くことのメリット

まずはメリットからお話ししますね。

メリット1:深夜の仕事は時給が高い

これは一番でかいですね。

当時私が働いてたレストランでは昼間は時給850円深夜は1050円

昼間と違って200円の差。

田舎のほうだったので、1000円超えの時給は結構ありがたい額でした。

メリット2:深夜のレストランは人間観察の宝庫

ファミレスの深夜って立地にもよりますが、いろんなタイプのお客さんが来るんですよ。
昼間にはこなそうな人たちといいますか。

なので人間観察が好きな人にはもってこいな時間帯。

具体的にどんなお客さんが来たかというと

  • (キャバクラ近い店だったので)ドレス姿のお嬢たち
  • 60歳は超えてそうな激甘ロリータファッションのおばあさん
  • 毎日必ずあんみつ食べてその後爆睡するおばあさん
  • 一体どういう関係なんだと思わせる謎のグループ
  • 頭に油性マジック塗ってるおじさん

などなど。

毎回妄想が止まりませんでした。

メリット3:店長がいないときは気分的にのびのびと仕事ができる

店長がいないから気が楽というか、従業員のみんなと和気あいあいと仕事をすることができました。

(もちろん業務はちゃんと規定通りやっています!笑)

基本的には私はフロア業務を一人で担当していたので、深夜の時間もし何が起こってもとりあえず自分が責任もたなきゃなんで不安はありました。

でも、それよりも好きなように仕事をさばけるのがとにかく楽でしたね、気持ち的に。

メリット3:人が少ないため効率よく仕事をこなす力がつく

深夜のレストランの仕事は、お店にもよりますが深夜の時間帯にしかできない仕事がたくさんあります。

ファミレスで言ったらたとえばドリンクバーの清掃やテーブルやバックヤードの補充作業、そして翌朝のモーニング用のセットなどなど。

で、それを基本的に1人(たまに2人)でこなさないといけなかったんですね。

もちろんフロアの仕事(ご案内、注文取り、料理提供、レジ、片付け)もやりながらです。

これを一通り繰り替えしやっていくと、だんだんと何を最初にやって、何をやっている間に何をすればいいのか優先順位をつけられるようになり、効率よく仕事をさばけるようになっていくんです。

自分の思ったとおりに効率よく業務が進んだ日は達成感を感じられて楽しかったですね^^

いかに業務を効率化するか!ってことを極められるので、これはすごく勉強になりましたし、他のバイトにも役だったかなと思っています。

体験してわかった深夜のファミレスで働くことのデメリット

ここからはデメリットを。

デメリット1:深夜のレストランは昼間に比べ客層が悪い

メリットにも書きましたが、深夜のレストランにはとにかくいろんな人来ます。昼間には来なそうな人が来ます。

で、これがデメリットになることもあるんですよね。

ただ単に個性的なお客さんが多いってのならいいんですが、ありえない悪態つくお客さんとか、理不尽な対応するお客さんもいるんです。ドリンクバーのジュースをテーブルに満遍なく塗っていくお客さんや、閉店後にお客さんと対立して、荷物を投げつけられたこともあります^^;

昼間の時間帯も働いていたので比較すると、やはり深夜のほうがそういった良くないお客さんが多かったです。

デメリット2:深夜の時間帯に働くと、女子はとくに太る(痛感しました)

太った~太った~太った~

女子はとくにです。朝夜逆転生活はことごとくホルモンバランスが崩れ、太りやすくなりますよね。

食欲もおかしく狂っていきました。食欲が増えるホルモンが分泌されるとかで。

深夜バイト入る前にごはんをガッツリ食べたくせに休憩中にもガッツリおやつを食べてました。

そして、帰りにも朝ごはん食べたり・・・と。

顔パンパンでしたね・・・。

デメリット3:深夜の時間帯に働くと肌が荒れる

これね!太るってことと同じくらいショックな現象でした。

女性ホルモン乱れまくり + 嫌な客来るとストレス爆発 → 肌に出る〜。って感じのサイクルでした。

肌強い人なら問題ないですけど、ストレスですぐに顔に吹き出物などが出やすい人は注意が必要かも。

デメリット4:深夜の仕事帰り、電車乗り過ごしor車の危険運転がある

私の場合、車で通勤してたんですけど、仕事が終わって朝帰るときは、運転が危ないときが多々ありました。

幸い田舎道で車の通りが少ないとこ通っていたので接触事故とかはありませんでしたが、それでもたまにカクっといってしまいそうで危険でした。

「あれ、来た道まるで覚えていない・・」ってときもあって、無意識で運転してしまったことに気づき焦ったこともありました。

一旦どこかで仮眠とったほうがいいですね。電車も乗り過ごしがあるので危険です^^;

肌荒れや太る以外にも危険はあり!女子が深夜のレストランで働くことについて

さきほど、深夜のレストランにはいろんなお客さんが来るとお話ししました。

そのなかでも今でも鮮明に覚えている謎のおばあちゃん事件について余談でお話ししたいと思います。

この経験を機に、女子が深夜のレストランに働くのって・・・ちょっとリスクがあるのかもって思ったんです。

 

それはもうすぐ閉店の時間になる・・ってときのことでした。朝方4時くらいだったかと思います。

私は店内にいるお客さんに「そろそろ閉店の時間ですので〜」と言いまわり、レジ閉めを始めていました。

催促されたお客さんがどんどん帰っていくなか、その日はゴスロリ風のフリフロワンピースと人形を持ったおばあちゃんがなかなか帰ってくれなかったんです。(たぶん60歳は超えていたであろう容姿でした。)

見た目に驚きつつも再度「閉店の時間ですので〜」と言ったところ

おばあちゃん、いきなりスイッチ入ってしまったんですよね。

 

あばあちゃん「あーーんだじゅじゃじゃじゃ?ああンたじゃじゃや?」

と叫んだんです。

(・・・何言ってるのそれ日本語じゃないよ)

なんかやばそうって思ったのですが、それでも数分置きに催促にいきました。

「あの〜」

「あの〜すみません〜」と言っても

なかなかなかなか帰らない。

もはやこちらの言っていることが理解してくれているのかも不明。

 

いい加減やばい雰囲気だったので、もういいや!と結構強い口調で

「帰ってください」と言ったんですね。

そしたらさらにスイッチが入って持っていた人形を投げつけてきたんです。

えええええ!!そうなる!?

ビュンっと飛んできた人形をかわすと

今度は、お店の飾りにむかって投げる。

 

(これは器物損壊にあたるんじゃ・・)

 

とりあえずそろそろ警察よぼうかと思ったときに

おばあちゃん、何かを察したのかブツブツいいながらお店をでていきました。

なにやら様子がおかしいとキッチンにいたスタッフもでてきてくれましたがおばあちゃんはもうお店の外へ。

幸い私もお店もとくに被害はありませんでしたが、世の中にはいろんな人いるな・・・

と心底思った夜でした。

と同時に、こういう危険レベルな人も来る場合があるなんて・・・女子が一人で店まわしているとこういう怖い経験するときもあるんだなって、リスクについて考えさせられました。

まぁお店の立地にもよりますが。

こんな感じで、深夜のレストランにはいろんな人が来ます。

女子はこういうことも含めて検討する必要があるなと思いました。

結論。深夜のレストランで働き私が思ったこと

深夜のレストランの時給は高いですが、体はおかしくなります。女子は特に。肌荒れもおこる。

ただ、経験して今思うことは

やってよかったって思います。

なぜかというとやっぱり、いろんなお客さん見るのが新鮮すぎたし、なにより楽にのびのび働けて楽しかったんです。

効率よく仕事がさばけたときはものすごい達成感に浸れたし、それにお金も貯まりましたしね。

ただ、やってよかったって思うのも私個人の価値観から生まれた感想なので、あくまで参考程度に受けとってもらえたらと思います。